ここまでプレミアリーグは12節が終了。

リーグのおよそ1/3ほどが終了した計算になるが、ここから年末年始に向けスケジュールはよりタイトなものとなる。

そんなプレミアリーグに関するこんなデータを、『WhoScored』が伝えていた。それによれば、「ドリブル成功率100%」というなかなか凄い記録を残している選手がいるようだ。

こちらは、同サイトが紹介したドリブル成功率の上位5選手である。

ドリブルを10回以上仕掛けている選手が対象であるのだが、現在のところその全てで成功しているのがWBAのアタッカー、クリス・ブラントであるという。

クリス・ブラントは北アイルランド出身の30歳で、混戦に強く、ダイレクトのパス捌きも巧いMFである。

ブラントはここまで11試合に先発出場し977分間プレーしているのだが、合計で10度ドリブルを仕掛けその成功率は100%。このサイトが「ドリブル成功」をどう定義しているかは不明だが、10度のチャレンジ全てで成功しているというのはなかなか凄いことである。

ちなみに、2位から5位までの選手とそのチャレンジ数、成功数は以下の通り。

2位:チャーリー・ダニエルス(ボーンマス)
成功回数:18/19
成功率:94.7%

3位:バスティアン・シュヴァインシュタイガー(マンチェスター・ユナイテッド)
成功回数:14/16
成功率:90.1%

4位:フランシス・コクラン(アーセナル)
成功回数:25/28
成功率:88%

5位:ムサ・デンベレ(トッテナム)
成功回数:24/30
成功率:85.7%