アーセナルなどでプレーした元ブラジル代表ジウベルト・シウヴァが引退を発表したと、『globoesporte』が伝えている。

1976年生まれのシウヴァは39歳。高い身体能力を活かした守備的ボランチとして活躍し、ブラジル代表として3度のW杯を経験した。

その彼はベロ・オリゾンテでの記者会見で、現役からの引退を発表したそうだ。

「今日、選手としてキャリアを終える。難しいことだ」と述べたというシウヴァは2013年以降ピッチから遠ざかっていた。その2年間で、人生の新たなステージについて十分考えることができたという。

「移行する時がやってきた。この数週間、私はロンドンに居てかつてのホームであるアーセナルを訪ねた。フットボール界で続けていく素晴らしい方法を見つけた。違ったやり方でね」とも語っており、今後は国際的なコンサルタントとしてフットボールと関わっていくことになるようだ。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】