EURO2016、ポルトガルはポーランドをPK戦の末に下して準決勝進出を決めた。

PK戦の直前にはこんなシーンがあった。

キャプテンであるクリスティアーノ・ロナウドが、ジョアン・モウティーニョに気合いを注入!『ESPN』によれば、こう口走っていたそうだ。

クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表FW)

「ヘイ!来て蹴るんだ、来い。

うまく蹴るんだ!もし負けた時はくそったれだ。

強い気持ちを持て!カモン! うまく蹴るんだ、カモン!

今、神の手中にある!」

ロナウドは1人目、モウティーニョは3人目のキッカーだった。結果、ポルトガルは5人全員が成功。ロナウドのキャプテンシーが垣間見えたシーンであった。

フェルナンド・サントス監督によれば、実はモウティーニョは足の筋肉に違和感を感じていたという。そんな彼にロナウドは強い気持ちを持てと鼓舞していたようだ。

指揮官は「ロナウドはキャプテンとしての責務を果たした。彼(モウティーニョ)に話しかけ、チームが信頼していることを伝え、シュートを決めることを求めた。私からすれば、ロナウドは素晴らしい心構えをしているよ」と讃えていた。