『AS』は「インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディは、アトレティコ・マドリーへの移籍に近づいている」と報じた。

10日、イカルディの妻ワンダ・ナラが以下のように『Twitter』へ投稿を行った。彼女はイカルディの代理人を務めており、移籍を示唆したものと考えられている。

そして、『AS』はその移籍先がアトレティコ・マドリーであると報じている。

イカルディ自身はすでにイタリアを離れることを前向きに考えており、出来ればディエゴ・シメオネ監督の下で働きたいという希望を持っているという。

シメオネとはすでに連絡を取っており、イカルディは自身の希望も伝えているとのこと。そしてワンダ・ナラにはアトレティコ・マドリーへの移籍を実現させるための動きを求めている。

まだクラブ間の交渉には至っていないとのことだが、ワンダ・ナラは数日中にイビサ島でアトレティコ・マドリーの代表者と会談を行う予定であるようだ。

なお、『Calciomercato』に対してワンダ・ナラは以下のように話し、インテルはイカルディを売りたがっていると語った。

ワンダ・ナラ

「私が見る限り、インテルはマウロ・イカルディを売りに出している。多くのクラブが関心を寄せており、我々はすべての関係者にリスペクトを持って状況を評価する。

マウロはインテルを離れることを悲しむだろう。しかし、我々はクラブの経済的な事情も理解しており、明らかにイカルディを維持することはできない。

契約解除条項は存在しない。インテルが市場価値を大きく超えるものを求めないことを願っている」