ソフィー・ヴァグショーター

「彼らの結婚生活が終わってしまったことには謝罪したいが、彼女がアントニオ・バレンシアから離れたことは間違いなく良いことよ。

彼はゾッとするような男よ。何度も何度も妻を欺いてきた。彼女が脱出できたのは幸運だわ。

バレンシアは思っている。お金は何でも出来る力を与えてくれると。

彼は私をベルゲン(ノルウェーの街)から呼び寄せるために1600ポンド(およそ21万円)を支払った。そしてこっそりと自宅を出て、ホテルで私とセックスをした」

(出会いの時は?)

「私はあっけにとられたわ。彼のプロフィールはウソだろうと思った。その後、彼は自宅の庭でサングラスを掛けてピースサインをしている写真を送ってきたわ。そこには『Hola』と書かれていた。

私達はプライベートなメッセージを交換し始めた。そしてお互いを知り始めた。彼は私にエクアドルで日光浴をしている写真を送ってきた。

彼は3~4回『こちらに来ないか』と頼んできた。そして『君はなんて美しいんだ』『なんて可愛いんだ』と言い続けた。

私は断り続けたが、最終的には仕事がオフの時に同意した。彼はまるで王女様のように私を扱った。『なぜなの?』と思った。

知らなかったのよ。彼がこれまでにもインターネットで女性を誘い、セックスのために呼び出されるというトラブルがあったことは」