10日、ナイジェリア・プレミアリーグのイフィーニイー・ユーバーFCは「来季の監督として八橋健一氏を招聘した」と公式発表した。

同日、八橋健一監督も自身のツイッターやFacebookでこの件を確認する投稿を行っている。

イフィーニイー・ユーバーFCは、昨年実業家のイフィーニイー・ユーバー氏が買収して誕生した新興勢力であるが、石油王であるオーナーの資金力を生かして目覚ましい進歩を遂げている。

先日はナイジェリアFAカップ決勝でナサラワ・ユナイテッドを破って優勝を果たしており、ブラジル人監督のエヴェルトン・リラ氏がまだ27歳であることでも話題になっていた。

クラブは来季に向けてエヴェルトン・リラ氏に新しい監督の下でのアシスタントという役割を提供しようとしていたが、それを拒否し、休暇のために帰国することを決断したという。

イフィーニイー・ユーバーFCは来季CAFコンフェデレーションズカップを戦うことが決まっており、八橋監督はいきなり大陸規模での大会に臨むことになる。