2018年ロシアW杯に向けた予選が世界各地で行われている。その次の2022年はカタールで開催される予定だ。

このほど、この両国がドーハで親善試合を行った。

結果は2-1でホームのカタールが勝利!両チームがPKで1点ずつを獲りあった後に生まれた決勝点は…。

MFカリム・ブディアフの決勝点をコーナーキックからアシストしたのは、あのロドリゴ・タバタだ!

日系人でもあるタバタはブラジル生まれの35歳。サントスで10番を背負ったこともある彼は、2011年からカタールでプレーしており、今年に入ってついに代表デビューを果たしている。すでに2018年W杯予選にも出場しており、代表でも存在感を見せている。

なお、今回の親善試合では両チームともにPKを1本ずつ外してもいたようで、なかなかレアな展開だったようだ。