アルゼンチン1部第13節、リーベル対ボカのスーペル・クラシコが行われた。

敵地で先制したボカだったが、前半のうちに逆転を許してしまう。だが、あの男がやってくれた。

カルロス・テベスが62分、81分とゴールを決めて試合をひっくり返したのだ。

▼62分 2-2

▼81分 2-3

特に凄かったのが、ボックス外から叩き込んだ鮮やかな逆転弾!まさにスーペルゴラッソだった。

ボカは後半アディショナルタイムにも追加点を決めて、4-2で逆転勝利を飾っている。

2ゴール1アシストと大活躍だったテベスは、「凄い試合をやった。楽しまなきゃならないよ。ボカの人間は俺がこの色のためなら死ねることを分かってる」などと述べていたそう。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら