9日、アーセナルは公式サイト上で公式声明を発表した。

この声明は、契約が今季限りとなっているアーセン・ヴェンゲル監督に関するもの。

アーセナルはCLでバイエルンに完敗するなどファンの間からヴェンゲル解任論が出ており、チェアマンを務めるサー・チップス・ケスウィックの名で声明が発表された。

その内容は以下の通り。

サー・チップス・ケスウィック(アーセナルチェアマン)

「我々は、現在クラブに向けられている注目の目をしっかりと把握しており、その議論についても理解している。

ファンのそれぞれに個人的な意見を持つ資格があることは尊重するが、我々は長期的な利益を確保しながら、これからもこの偉大なサッカークラブを経営していかなければならない。

アーセン(ヴェンゲル監督)はシーズン終了まで契約が残っている。どんな決断も我々によって相互に行われ、適切な時に正しい手段で伝えられることになる」

ヴェンゲル監督の去就については今後に決定がなされるという。動向に注目だ。