『Timeslive』は3日、「スーパースポート・ユナイテッドのスチュアート・バクスター監督が、南アフリカ代表監督に復帰する」と報じた。

南アフリカ代表チームは昨年末、テレビカメラの前で協会関係者と口論したエフライム・マシャバ前監督を規律違反で解任。

その後カルロス・ケイロス氏、エルヴェ・ルナール氏らを候補として交渉を進めてきたもののなかなか契約に至らず、指揮官不在の状況となっていた。

しかし、ここに来てようやく候補者が絞られてきた。ビドヴェスト・ウィッツの監督ギャヴィン・ハント氏がインタビューにおいて以下のように話し、すでに協会がバクスター氏と接近していることを伝えた。

ギャヴィン・ハント

「南アフリカ協会は私に電話することができるのかい?バクスターと既に約束しているのではないかい?

彼らは決断を下しているよ。3〜4名のコーチと接触したが、彼らはそれを手に入れられなかった。

協会は既にスチュアートを手に入れたよ。彼には幸運を祈りたい。スーパースポート・ユナイテッドは既にそういうことを言っているのだからね」

かつてヴィッセル神戸やサンフレッチェ広島で指揮を執ったバクスター監督は、近年は南アフリカリーグで辣腕を振るっている。

2012年に就任したカイザー・チーフスでは外国人監督として初のリーグ優勝を成し遂げ、昨年はスーパースポート・ユナイテッドの監督に就任。ネッドバンク・カップ優勝を成し遂げるなど、結果を残している。

かつて2004〜05年に南アフリカ代表を率いた経験を持つため、もし契約に至れば12年ぶりの復帰となる。