イングランド代表はスコットランドとのワールドカップ予選、フランスとの親善試合を控えている。

それを前にギャレス・サウスゲイト監督はチームを驚きの場所に連れていったという。

迷彩服に身を包んだ選手たち!

なんでもイギリス海兵隊で、新人隊員が受けるような訓練を体験したそう。監督もずぶ濡れになっている。

ギャレス・サウスゲイト(イングランド代表監督)

「我々はここに来て、選手たちを(普段とは)異なる環境に置きたかった。彼らが予想もしないようなね。

海兵隊というのは混乱した状況が予想されるし、それがこのキャンプのテーマのひとつだった。

我々はチームとして厳しい状況にどう適応できるかというね」