ワールドカップ本大会行きを懸けてスウェーデン代表とプレーオフを戦うイタリア代表。

そんななか、ユヴェントスのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、『foxsports.it』のインタビューに応じた。

そこでは、こんな発言も。

ジョルジョ・キエッリーニ(イタリア代表DF)

「“Guardiolismo”がディフェンダーの一世代を破滅させたと思う。

彼らはつなぐことばかり考えていて、人(マークなどの対人)についてはあまり考えていない。

イタリアが世界のサッカー界のトップに返り咲くためには、強いストライカーだけでなく本物のディフェンダーも必要さ」

グアルディオラの『ティキ・タカ』スタイルの流行により、ある世代のDFたちは最も大事なはずの“守り”が疎かになっていると感じているようだ。

9/29(水) 19時00分~ 生中継!川崎フロンターレvsヴィッセル神戸