現在アイントラハト・フランクフルトで長谷部誠、鎌田大地とともにプレーしているガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング。

彼はユニフォームに「Prince」とミドルネームを使うことで知られている選手だ。

なぜそうなっているのか?彼はラジオ番組の「HIT RADIO FFH」に出演し、以下のように話したと『Bild』が伝えている。

ケヴィン=プリンス・ボアテング

「僕はね、本当はケルヴィンであるはずだったんだよ。

自分のファーストネームは好きじゃない。これは出生証明書のミスだったんだ。誰もまだそれを知らないけどね。

本当は『ケルヴィン=プリンス』になるはずだったんだよ。もちろん、これは最高の名前だったね。それだけでスターだから、サッカーをする必要はなかったね!

そして、病院で僕の名前は間違えて書かれてしまって、そのままになったんだ。

母は僕を生んだことで手術を受けなければならなくなり、それに介入できなかった。

生まれるときに母の骨盤を壊してしまってね。いや、一刻も早く出たかったんだよ」