『FourFourTwo』は12月28日、元フランス代表DFウィリアム・ギャラスのQ&Aを掲載した。

チェルシーからアーセナルへと移籍した際、ディフェンダーでありながらも背番号10を選んだことで知られるギャラス。

それを選んだ理由は何だったのか?その質問に対して、彼は以下のように話したという。

ウィリアム・ギャラス

「アーセナルでも13番を着けたいと思っていたが、それはすでにアリャクサンドル・フレブが着けていたんだ。

3番は空いていた。アシュリー・コールが退団したからね。ただ、私は10番を選んだ。

その以前にも10番を着けたことはあったから、これは大きなチャンスだと見ていたよ。

私の娘は11月10日に生まれていたし、もし若い選手に10番が与えられていたら、大きなプレッシャーがかかってしまうからね。

ただ、私が着けるのであれば、全く変わりないものだから」