FAカップの5回戦で、リーグ・ワン(3部)に所属するウィガンに敗れたマンチェスター・シティ。

これが今季の公式戦での3敗目となり、「四冠」の可能性が潰えた。

そんなこの試合のハーフタイム、選手用通路では両チームが衝突する場面が見られた。

ジョゼップ・グアルディオラとポール・クック監督が激しく言い合いをし、その場面が『BBC』のカメラに収められていたのだ。

この一戦では前半アディショナルタイムにファビアン・デルフが退場しており、おそらくはそのシーンを巡ってのものだと思われる。

こちらは別の映像。

TVの放送ではカットされていたが、グアルディオラ監督が血相を変えて審判のもとへ走っているのが分かる。

試合後、ピッチ上にはウィガンのサポーターがなだれ込んでおり、セルヒオ・アグエロが乱闘していたとも。シティにとっては後味の悪い一戦となったようだ。