『Kingfut』は1日、「カズムパシャのエジプト代表MFトレゼゲの代理人は、選手の希望を明かした」と報じた。

今季ベルギーのアンデルレヒトからカズムパシャへと期限付き移籍しているトレゼゲ。

初めてのトルコリーグであったが、これまで23試合に出場して11ゴールを決めるなど、大きな活躍を見せている。

そのため、彼には同国の名門クラブであるガラタサライ(長友佑都も所属中)などが関心を寄せているという。

カズムパシャとのローン契約には200~250万ドル(およそ2.1~2.7億円)での買い取りオプションが付随していると伝えられている。

しかし、これがまだ行使されない状況であれば、保有元であるアンデルレヒトとの交渉は可能だ。

代理人のサシャ・エンパチェルは「トレゼゲはカズムパシャに残りたがっている」と話しており、今のところ残留を求めているようだが…。

なお、もしアンデルレヒトに帰ることがあれば、森岡良太とポジションを争う存在となる。