『BBC』は1日、「元南アフリカ代表MFスティーヴン・ピーナールが現役引退を発表した」と報じた。

スティーヴン・ピーナールは1982年生まれの35歳。2000年代には南アフリカの中心的なMFとして活躍した司令塔だ。

アヤックス、ボルシア・ドルトムント、エヴァートン、トッテナム・ホットスパー、サンダーランドなど国外の各クラブでプレーしていた。

彼は昨年国内リーグのビドヴェスト・ウィッツに移籍していたが、そこでは怪我のために僅か4試合の出場にとどまり、1月に契約が解除されていた。

スティーヴン・ピーナール

「今日、僕はサッカーからの引退を発表する。

母や家族、これまで所属してきたクラブ、そしてそのサポーターの皆さんに感謝を伝えたい。どうやったら忘れられようか。

自分のキャリアを通して愛をくれた皆に、ありがとうと言いたいんだ」

なお、エヴァートンで2回、サンダーランドで1回ピーナールを獲得したデイヴィッド・モイーズ監督も以下のように話したという。

デイヴィッド・モイーズ

「私は3回彼と契約したんだ。何年もの間、私にとって彼は素晴らしい、素晴らしいサッカー選手であった」