いつでも、どこでもサッカー観戦を楽しめる手段として日本に定着しつつある『DAZN』。

国内のJリーグだけではなく欧州5大リーグを網羅したことにより、国内・海外という壁を越えたサービスとしてサッカーファンに重宝されている。

「壁」という点では、サッカーとサッカー以外のスポーツも同様だ。ひとつの契約で様々な競技を楽しめることで、スポーツ観戦の機会が飛躍的に増加した。その恩恵を受けている人は決して少なくないだろう。

そこで今回は、Qoly編集部員がサッカー以外で楽しんでいるスポーツの中から、いま注目の日本人選手をそれぞれ紹介。かなり熱の入ったコメントもあるぞ。

大谷翔平(MLB)

大谷翔平

所属チーム:ロサンゼルス・エンゼルス

いま最も“見たい”日本人スポーツ選手のひとり。

規格外スケールを持つ二刀流選手で、真摯に野球を極めようとする姿も年齢離れしている。

北海道日本ハムファイターズでは「4番ピッチャー」、「投手として2桁勝利、打者として20HR」などなど、驚きの記録を次々に樹立。

もともとメジャー志向があったなか、23歳にして堂々のMLB参戦となった。

大谷翔平

190cmを超える体格はアメリカでも引けを取らず、そのボールを受けたキャッチャーのマーティン・マルドナードは「彼は見るべき選手になるだろうね」とコメント。

また、オープン戦で三振に打ち取られたミルウォーキー・ブルワーズのブレット・フィリップスも「(二刀流の)チャンスを得て欲しい。日本では打てて投げられることを証明しているから」と期待を口にしていた。

ダルビッシュ有(シカゴ・カブス)や田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)らも当然注目だが、今シーズンは日本球界が生み出した最高の逸材が、どこまでやれるのか楽しみでしかない(編集部I)。