ダゾーンで野球の観戦スタイルが変わる!

Qolyで徹底特集中の動画配信サービスDAZN(ダゾーン)。

今回は普段お届けしているサッカーの話題から少し離れて、ダゾーンの野球中継についてお伝えしよう。

スポナビライブのサービス終了に伴い、ダゾーンが2018年シーズンからプロ野球中継に力を入れることはご存知の方も多いだろう。

これは、2018年2月に行われた、ダゾーンの2018年度放送内容についての発表の中で明らかになった。サッカーのプレミアリーグ、ラリーガの全試合ライブ配信などとともに、プロ野球11球団の全試合ライブ配信が発表されたのだ。

野球といえばテレビで観戦するスタイルがおなじみではあるが、昨今は中継の延長がないことも多く、試合をフルで観戦することが難しくなっている。

また、インターネットを通した動画サービスやスマホが普及し、テレビがない家庭も珍しくない中で、家庭のテレビ以外のデバイスでスポーツ観戦をすることが一般的になっているのは言わずもがなだ。

そんな中でスマホなどでも手軽に野球観戦が可能なダゾーンの配信では、どのような野球コンテンツが観戦できるのか?をご説明しよう。



ダゾーンでは巨人のホームゲームを除くプロ野球全試合が配信


まずは、ダゾーンのプロ野球(NPB)の配信内容をチェックしよう。すでにご存知の方も多いかと思うが、ご確認いただきたい。

ダゾーンでは、読売ジャイアンツのホームゲームを除く試合が、試合開始から終了まで生中継される。

ただ、一部チームによって配信されない試合があるので、以下ご確認いただきたい。


セリーグ

読売ジャイアンツ

中日戦を除くビジター全試合生中継

阪神タイガース

ビジター巨人戦を除く全試合中継(※ホーム試合は数分間のディレイ配信)

中日ドラゴンズ

ホーム・ビジター巨人戦を除く全試合生中継

横浜DeNAベイスターズ

ビジター巨人戦を除く全試合生中継

広島東洋カープ

ビジター巨人戦を除く全試合生中継(※広島県内はホーム戦が見逃し配信のみ)

東京ヤクルトスワローズ

ビジター巨人戦を除く全試合生中継


パリーグ

オリックスバファローズ

交流戦ビジター巨人戦を除く全試合生中継

福岡ソフトバンクホークス

交流戦ビジター巨人戦を除く全試合生中継

北海道日本ハムファイターズ

交流戦ビジター巨人戦を除く全試合生中継

千葉ロッテマリーンズ

交流戦ビジター巨人戦を除く全試合生中継

埼玉西武ライオンズ

交流戦ビジター巨人戦を除く全試合生中継

東北楽天イーグルス

交流戦ビジター巨人戦を除く全試合生中継


こうやってみると、パリーグに関してはすべてのチームが同じ配信内容で足並みも揃っているが、セリーグに関してはチームによって配信内容がまちまちであることがわかる。

注意点としては以下のとおりだ。


巨人のホーム戦は配信なし

まず、予てから大きく報じられていたとおり巨人の主催試合はダゾーンでの配信がない。これは、テレビ放送を行う日本テレビなどの読売グループとの契約の関係と考えられる。

ただ、ダゾーン側は現在も巨人との交渉を続けているとのことなので、今後の展開に期待したい。


中日-巨人は中日ホームであっても配信なし

全球団で唯一、ホーム戦の中に制限を設けたのが中日ドラゴンズだ。

他チームであれば、巨人戦はビジター戦のみが配信対象外となるが、中日に限ってはナゴヤドームで開催されるホーム戦においても巨人戦は配信されない

つまり、ダゾーンでは中日対巨人の試合はホーム・ビジターに関係なく配信されないということだ。


広島県内では広島カープのホーム戦は見逃し配信とハイライト配信のみ

地元テレビ局との契約の都合などもあり、広島県内では広島のホーム戦はライブ配信されない

ちなみに、これは広島県内に電波制限をかけているため、例えば他府県在住の人が広島旅行中に、スマホを使ってダゾーンを利用した場合なども生観戦はできない。

なお、広島のホーム戦は試合終了後の見逃し配信やハイライト配信は視聴可能だ。


阪神タイガースのホーム戦は数分遅れのディレイ配信

こちらはさほど大きなデメリットではないが、甲子園球場で開催される阪神タイガースのホーム戦は、厳密には生中継ではなく数分間のディレイ配信となる。

スポーツサイトのリアルタイム速報や、TwitterなどのSNSで【ネタバレ】を見ないように注意したいところだ。


こうやってみると、J1〜J3の全試合ライブ配信がされているJリーグとでは、プロ野球は少し異なる事情が見え隠れする。

ダゾーンでプロ野球を観戦する場合は、

  • ダゾーンをメインの観戦方法として利用する
  • テレビ放送の補完方法として利用する

というバランスが、各チームのファンごとに異なることになるだろう。



ダゾーンの野球配信内容:オープン戦の配信もあり

熱心なファンにとっては今シーズンのチームの仕上がりを知る上でも楽しみなオープン戦。

ダゾーンではそんなオープン戦の配信もある。
ただ、全試合ではなく、あくまで一部試合のみの配信であることには留意したい。


ダゾーンの野球配信内容:クライマックスシリーズは配信あり。日本シリーズは配信予定なし

もう一つ、気になるのがシーズン終盤のクライマックスシリーズと日本シリーズだ。

現状、クライマックスシリーズに関しては配信が予定されている(ただし、例えば巨人がクライマックスシリーズに進出した場合のホーム戦など、リーグ戦で配信対象外となる試合がどうなるのかは未定だ)。

日本シリーズに関しては配信は予定されていない。


ダゾーンの野球配信内容:キャンプやファン感謝デーは今後の配信に期待

お伝えしたとおり、このたびのダゾーンのプロ野球コンテンツの拡充は、競合サービスであるスポナビライブがサービス終了したことと無関係ではない。

スポナビライブでは放送されていたキャンプレポートやファン感謝デーは現状は予定がないが、今後ダゾーンでも配信されるようになる可能性は考えられるので期待したい。


充実の配信内容で月額1,750円はお得

巨人ファンを除くという注釈付きになるかもしれないが、ダゾーンでのプロ野球の配信内容については非常に充実しているといえる。

後述するMLBや、サッカーなどの他競技も多く観戦できて月額1,750円という料金は、破格といえるだろう。

加入から1ヶ月間がお試し無料期間となるので、まずはサービス内容や使い心地などを確認していただければと思う。

また、NTTドコモユーザーにはDAZN for Docomoという割引サービスもあり、こちらは費用が安くなる以外のサービス内容は全く同じものになるので、ドコモユーザーはぜひご確認いただきたい。

>>公式サイトでDAZN for Docomoについて確認する


また、料金体系や支払い方法については、以前公開しているダゾーンの料金についての記事で詳しく説明しているので、合わせてご確認いただきたい。


ダゾーンでは日本人選手所属チームを中心にMLB(メジャーリーグ)も配信!

野球ファンにとっては、1年目となる大谷翔平や、古巣に復帰したイチローの活躍も気になるMLB(メジャーリーグ)も、ダゾーンでは放送される。

NPBと違って、日本人選手所属チームの試合が配信対象の中心となる一方、メジャーリーグはオールスターやワールドシーズンの配信も予定されているので、ぜひチェックしてほしい。


ダゾーンで放送されるMLBは1日最大4試合。大谷翔平の試合は全試合配信。


ダゾーンでは、残念ながら全試合がライブ配信されるわけではなく、1日最大4試合のみが配信される。

2017年シーズンは、田中将大が所属するニューヨークヤンキースや、ダルビッシュ有が所属するロサンゼルスドジャース(2017年時点所属)の試合が、多くライブ配信された。

2018年シーズンに関しても日本人選手所属チームの試合が中心となる。注目の大谷翔平が所属するロサンゼルスエンゼルス戦は全試合配信される他、田中将大が所属するヤンキース、ダルビッシュ有が今シーズンより移籍したシカゴカブス戦を中心に配信される。

MLBといえば、MLB.TVという公式サービスが全試合を生中継しているが、それらに比べると「日本人選手の活躍を手軽にチェックしたい」というライト層や「プロ野球や他スポーツも楽しみたい」といった複数競技のファンにとってはダゾーンが良い選択肢となるだろう。



ダゾーンで野球観戦する際の気になるポイント

これまでのテレビ放送とは異なるダゾーンでの野球観戦。

加入を検討している方のために、気になるポイントを簡単にまとめた。


ダゾーンの画質は野球観戦にあたって充分なレベル

ダゾーンは動画配信サービスであるため、根本的にテレビ放送とは配信の仕組みが違う。

これからダゾーンの加入を考える人にとっては、画質が気がかりな方も多いだろう。

実際にダゾーンで野球を観てみると、普段観ているテレビ放送に比べると多少の粗さは感じるものの、大型テレビに映しても全く問題なく視聴可能だ。また、これは試合中に全選手とボールが常に動き回るサッカーやバスケットボールと比べても、野球の場合はアラが目立ちにくいという、競技上の特性も関係しているだろう。

ただ、ダゾーンの中継の画質は、インターネット環境に左右される点には注意が必要だ。

ポケットWi-fiやテザリングなどでは充分な速度とならずに、配信が乱れたり画質が一時的に低下したりといったこともある。ただ、通常の家庭用のインターネット環境であれば、必要にして充分な画質での視聴が可能なのでご安心いただきたい。


テレビ・スマホ・PC…シチュエーションに合わせて様々なデバイスで野球観戦が可能

ダゾーンが動画配信サービスであることで大きなメリットがある。
それは、家でも外出先でも手軽に視聴可能なことだ。

家ではPS4やAmazon Fire TV Stickを使ってテレビ観戦、外出先や就寝前のベッドの上ではスマホで、といったフレキシブルな視聴スタイルが可能なので、どこでも野球を楽しむことができる。ただし、Wi-fiに繋がらない環境で4G回線などで視聴すると、一気に「ギガ」を消費するので要注意。

例えば出張先や旅行先などでもスマホやタブレットさえあれば地元チームの試合が観られるのは、これまでポピュラーだった地上波テレビやスカパーなどでの野球観戦との大きな違いだ。


ダゾーンの見逃し配信で忙しい日も試合をチェック

本記事にも何度か登場している見逃し配信についても触れておこう。

テレビ放送であれば、生中継を観戦できない場合はブルーレイレコーダーなどに録画するのが一般的だが、ダゾーンの場合はストリーミングサービスであるため、録画という概念がそもそも存在しない。

そんな中にあって、ダゾーンでは試合終了後から1週間の間、見逃し配信での視聴が可能だ。見逃し配信期間がすぎると、ハイライト放送(1試合が5分程度に収められたハイライト動画)のみが視聴可能となる。

仕事などで帰りが遅くなる日は見逃し配信を使ってお目当のチームの試合をチェックしよう。


ダゾーンで野球をさらに深く楽しもう!

まだまだ日本に上陸して年数の経たないダゾーンだが、サッカーに続いて野球観戦においても非常に大きな存在感を示している。

テレビ局だけではカバーできない試合もしっかりと放送してくれるダゾーンは、野球ファンにとっても、大きな味方となるだろう。

4月からはプロ野球、MLBともに開幕を迎える。まずは一ヶ月無料期間でチェックしてみてほしい。