15シーズンぶりにJ2での戦いを強いられているアルビレックス新潟。

かつての日本代表メンバーと現在のユース代表選手が融合した魅力的な構成になっているが、ここまでは3勝2分2敗で8位につけている。

そんな新潟は先週末、アウェイでロアッソ熊本を相手に3-1と黒星。終盤にはPKで1点を返したのだが、このキッカーが意外だった。

※04:12から

0-3とリードされ迎えた73分、新潟はペナルティエリア内で戸嶋祥郎が倒さえPKを獲得。これを蹴ったのは…なんと安田理大だった!

今シーズンから新潟に加入し、Jリーグに復帰した安田。ここまで全7試合でフル出場するなど鈴木政一監督から評価を得ているが、これまでPKを蹴ったイメージはほとんどない。

しかし安田は相手GKの動きをしっかりと確認してからボールを蹴り、これを成功させた。実はPK職人なのかも?

2006年からのプロキャリアにおいて、安田はこれがJリーグでの通算3点目。試合後、「PKを蹴ることは決めていました。コースはGKの動きを見て決めました」と振り返っている。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています