『Calciomercato』は2日、「ミランのDFレオナルド・ボヌッチは、クラブに対してアドバイスを送った」と報じた。

今季ユヴェントスからミランにやってきたボヌッチ。移籍金は4000万ユーロ(およそ52.1億円)だったと言われており、初年度からキャプテンも任された。

しかし前半戦では苦しい戦いが続き、彼にも大きな批判が向けられることになった。

来季は必ず優勝争いに絡まなければならない。改善のためにフロントにアドバイスするなら?と聞かれた彼は、以下のように話したという。

レオナルド・ボヌッチ

「マッシミリアーノ・ミラベリ(SD)やマルコ・ファッソーネ(CEO)は、僕からのアドバイスを必要としていないだろう。

ただ、もし何かを言うとするならばね。

僕は彼らに『国際的なトッププレーヤーを獲得すべきだ』とは伝えたいね。

そうすることによって、トレーニングでのレベルが上がってくる。それが決定的なものとなるはずだよ」