『Daily Mail』は2日、「リヴァプールは、バレンシアのスペインU-19代表MFフェラン・トーレスを狙っている」と報じた。

フェラン・トーレス・ガルシアは2000年生まれの18歳。バレンシアの下部組織出身で、昨年のUEFA U-17選手権優勝メンバーである。

今季トップチームでデビューを果たし、これまで7試合に出場している。才能を高く評価される天才ウイングだ。

彼に対してはチェルシー、レアル・マドリー、バルセロナなど多くのクラブが関心を寄せているという。

そして昨年からリヴァプールのスカウトが彼のプレーをつぶさに評価しており、獲得に向けた動きを見せているようだ。

バレンシアとフェラン・トーレスとの契約は2020年まで残っており、解除料は2190万ポンド(およそ28.5億円)に設定されているという。

これまでは売却を拒否していたバレンシアであるが、今夏はそれに値するオファーを待っているとのことだ。

まだリーガ・エスパニョーラではほとんど出場していない選手だが、セスクやベジェリンのようにブレイクする可能性もある。果たして誰が彼の心を射止めるか?