どの試合を観るか迷う!?DAZNでプレミアの全試合ライブ配信が決定

マンチェスター・C対リヴァプール(2017-18シーズン)

2018年2月に、スポーツ動画配信サービスのDAZN(ダゾーン)が、2018年の放送予定を発表。

その発表の中で、スペインリーガエスパニョーラ1部と共に、イングランドプレミアリーグの全試合ライブ配信を始めとする、DAZNのサービス内容拡大が明らかになった。

これまでのDAZNでは、リーガ、プレミアのライブ配信は毎節最大5試合のみだったため、今回の発表内容は大幅なサービス向上と言える。

先日には、それまでリーガ、プレミアの全試合ライブ配信を行っていたスポナビライブが、「サービス中止」と「DAZNへのサービス移管」を発表していたが、問題なくDAZNに目玉コンテンツが移ったことにより、ほっと胸をなでおろしているユーザーも多いだろう。

また、DAZNは、既報のUEFAチャンピオンズリーグ、 UEFAヨーロッパリーグ、 UEFAスーパーカップの配信。そして、プロ野球、Bリーグ(バスケットボール)の配信に関する情報も発表している。


2017年、Jリーグと10年間のパートナー契約を結んだことで、DAZNは日本国内のサッカーファンに対して、認知を一気に高めた。

Qolyでも、DAZNの配信を視聴することが日常的になっている編集部員もおり、月額1,750円以上の価値があるサービスだと感じている。事実、Jリーグ開幕前にあたる2月は、DAZNの新規加入者が殺到しているようだ(DAZNは、昨シーズンと同じく、J1・J2・J3の全試合がライブ配信される)。

サービス開始当初は視聴の不具合などの問題も起こりがちだったDAZNだが、現在は配信も安定し、ストレスなく観られる環境が整いつつある。「2017年は様子見、2018年から加入」という慎重派も、徐々に加入派へシフトチェンジしている様子も感じられる。

と、まさに乗りに乗っているDAZNだが、今回の発表は現在の追い風ムードをさらに加速させるのではないか。

今回は、ダゾーンのサッカープレミアリーグの視聴に関する情報をまとめたので、ダゾーンへの加入を検討しているプレミアリーグフリークはご確認いただきたい。

>>DAZN公式サイトで無料体験について確認する


ダゾーンで配信されるプレミアリーグの内容

まずは、基本的な情報からおさらいしよう。ダゾーンで放送されるプレミアリーグの試合は下記のとおりとなる。

なお、こちらは2017-2018シーズンの配信内容と、今現在発表されている情報をもとにした。

  • リーグ戦:全試合
  • フットボールチャンピオンシップ(2部リーグ戦):一部試合のみ
  • FAカップ:毎節5試合前後
  • EPLカップ(カラバオカップ):配信なし


プレミアリーグのリーグ戦に関しては、上述したとおり全試合のライブ配信が発表されている。イングランド2部にあたるフットボールチャンピオンシップは、昨シーズン1部に所属していたチームや、日本人選手がプレーするチームの試合(井手口陽介がレンタル移籍中のため2018年3月現在は存在しないが)など、注目度の高い試合は不定期に配信される。

カップ戦に関しては流動的な状態といえる。FAカップに関しては下部リーグチームなど含めて、参加チームと試合数が非常に多いため、全試合配信は現実的ではない。2017年は主要な試合のみが配信された。

2018年の配信コンテンツは今後随時増えていくことが予想されるので、2017年は配信されなかったカラバオカップ(旧:EPLカップ)も含め、動向をチェックしたい。

また、プレミアリーグのチームの試合という意味では、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグがそれぞれ全試合、その頂上決戦であるUEFAスーパーカップがライブ配信される点も見逃せない。



ダゾーンのプレミアリーグ配信の実況・解説者


ダゾーンの海外サッカー中継は、現状、全試合に日本語の実況・解説がつくわけではない。

大きく分けて以下の4パターンがある。

  • 日本語の実況・解説付き
  • 日本語の実況付き
  • 英語の現地実況・解説付き
  • 実況・解説なし

アーセナル、リバプール、チェルシー、マンチェスターユナイテッド、マンチェスターシティといった人気チームや、岡崎慎司が所属するレスターの試合は日本語の実況・解説がつく確率が高い。

現地の雰囲気を楽しむ意味でも、英語の実況解説を聞きながら観戦するのも、サッカー通にとっては定番の楽しみ方だ。


また、ダゾーンでは不定期に現役のJリーガーや監督をゲスト解説に招いている。過去の出演者は、Jリーガーでは、千葉和彦、中谷進之介、宇賀神友弥、チョン・テセなど。監督ではプレミアリーグ通として知られるV.ファーレン長崎の高木琢也監督など。

先日、クラシコのゲスト解説を中村憲剛が務めたことは話題になったが、プレミアリーグにおいても、有名選手の解説が今後もっと聞ける可能性は高い。



リーガ、セリエA、Jリーグ…ダゾーンなら月額1,750円でプレミアリーグ以外の海外リーグも見放題

最後に、ダゾーンで観戦できるプレミアリーグ以外のリーグについても確認しておこう。

ダゾーンへの加入を検討する際に、プレミアリーグ以外のリーグを観戦することも視野に入れている方が多いと思われるが、同じく海外サッカー観戦が可能な有料サービスであるWOWOW、スカパー!と、料金やサービス内容を比較すると、以下のようになる。

なお、こちらの情報は2017年3月現在の配信内容ではなく、発表されている2018-19シーズンの配信内容を参照している。


こうして見ると、DAZNの料金が他の2社に比べて圧倒的に手頃なことがよく分かる。

これらが、すべて月額1,750円(税抜)で見放題なのだから、サッカーファンにとってダゾーンは必須といえるだろう。

なお、現在開催されている2017-18シーズンに関しては、ブンデスリーガはDAZNが全試合ライブ配信、スカパーが一部配信となる。



ダゾーンでプレミアリーグを楽しもう


今回は、ダゾーンで観られるプレミアリーグのコンテンツに関してお伝えした。

今現在、日本で利用できるサービスでプレミアリーグを楽しむなら、ダゾーンが最も優れていることは間違いないだろう。

ダゾーンでは加入から一ヶ月間は無料お試し期間となるので、優勝争いが佳境に入る今の時期にこそ、ぜひ加入をおすすめしたい。


>>DAZN公式サイトで無料体験について確認する

 

追記:DAZNについてまとめた!

Qolyでは、2018年5月現在の、ダゾーンの契約前に知っておきたい情報をまとめた記事をアップしている。

DAZNに興味を持った方は、ご確認いただきたい。