東京ユナイテッドFC――。

日本代表DF岩政大樹がプレイングコーチとして在籍し、杉山哲、黄大城、黄大俊、保坂一成、佐々木竜太、田鍋陵太、河本明人、永里源気ら「元J組」も集まるクラブとして、現在地域リーグで最も注目を集めるクラブの一つである。

そして、そこに今季加わったこの男のことも忘れてはならない、能登正人だ。

セレッソ大阪ジュニアユースを経て、高校卒業後に単身で渡欧。スペイン、ドイツ、タイ、日本、ラオスと、これまで様々な国でプレーし、昨年はインドネシアのペルシバ・バリクパパンでプレー。

現役のサッカー選手でありながら、ピッチ外での活動の広さも有名で、Qolyの読者であればコラムニストとしての印象も強いだろう。

→能登正人のQoly限定コラムはこちらから←

そしてこの度、Qolyと能登正人がタッグを組んでコラボを実施することとなった。

インタビュアーとしてチームメイトに直撃し、東京ユナイテッド、そして選手自身の魅力を生の声で伝えていく企画である。

記念すべき第一弾のゲストは、背番号10を背負う永里源気。

湘南ベルマーレユース出身で、2004年にトップチームデビュー。

前線を本職としつつも、サイドハーフやサイドバックとして主力でプレー。その後、東京ヴェルディ、アビスパ福岡、ヴァンフォーレ甲府、FC東京、ガイナーレ鳥取など数々のクラブに在籍し、2014年からは3シーズンに渡ってタイでも活躍した選手だ。

この企画では、これまでのこと、これからのことをざっくばらんに語っていただく予定だが、皆さまからの質問も募集する。

東京ユナイテッドのサポーターの方々からはもちろんのこと、これまで各Jクラブで彼を応援してきたサポーターの方々からの反応も頂けると幸いだ。

※質問されたツイートは当Webサイトの記事内で使わせて頂く場合がございますのでご了承ください。
※質問の採用可否は後日配信予定の記事内での発表にて替えさせて頂きます。