ヴィッセル神戸への加入が近付いていると報じられるアンドレス・イニエスタ。

仮に移籍が実現すれば、ワールドカップ優勝を経験した選手が日本にやって来ることとなる。

ワールドカップで優勝した経験を持つ選手はこれまでにも20人弱がJリーグでプレーしているが、ヨーロッパのチームから日本にやって来た選手はそこまで多くない。

今回は、欧州経由でJリーグ入りを果たした世界王者たちをご紹介!

1. ルーカス・ポドルスキ

生年月日:1985/06/04 (32歳)
国籍:ドイツ / ポーランド
ポジション:FW
ワールドカップ優勝:2014年(ドイツ代表)
プレーしたJクラブ:ヴィッセル神戸(2017年 - )

昨年Jリーグ入りしたレフティモンスターは、ワールドカップ3大会に出場している。

21歳で参戦した2006年大会では、メッシとロナウドを抑えて「Best Young Player」賞を受賞。そして、2014年には優勝を果たした。

2016年に引退したドイツ代表で130試合49ゴールを記録。これはどちらも同国史上歴代3位となる偉大な数字だ。

選出者:編集部I