『L'Equipe』など各メディアは5日、「2018年のイタリア・スーペルコッパは、サウジアラビアでの開催となる」と報じた。

イタリア・スーペルコッパは、セリエAとコッパ・イタリアの王者同士が対戦する試合だ。

今回はユヴェントスが二冠を達成したため、コッパ・イタリアで2位となったミランが出場する。

もともとは開幕前に行われるものだったが、このところは時にUAEや中国で開催されており、12月のスケジュールに組み込まれることもあった。

そして今年はなんと初のサウジアラビア開催になるとのことで、開催時期も来年にずれ込んで2019年1月になる可能性が高いようだ。

なお、サウジアラビアとの契約は総額700万ユーロ(およそ9億円)で、両クラブにそれぞれ45%、セリエA機構に10%が配分されるとのことだ。

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など