2018-19シーズンからはadidasのキットを着用する、岡崎慎司所属のレスター・シティ。

6月2日にadidas製第1弾となる2018-19シーズンに向けたホームキットを発表しているが、それから1か月後の7月2日に、今度は新しいアウェイキットがリリースされた。

2018-19シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Leicester City 2018-19 adidas Away

レスター・シティ 2018-19 adidas ユニフォーム

adidas製初のアウェイキットはグレーを基調に、首周りやスリーストライプス、エンブレムなどをオレンジで彩っている。この2色はこれまでのレスターにはなかったカラーコンビネーションで、adidasとの新たな船出を印象付ける。

レスター・シティ 2018-19 adidas ユニフォーム

背面も同じように、全面にグレーの色調のグラフィックプリント。シャツは同社の2018年ジャージ「Condivo 18」がテンプレートだ。

レスター・シティ 2018-19 adidas ユニフォーム

パンツ、ソックスともにグレーを基調。どちらにもオレンジのスリーストライプスが入る。