昨季、ノルウェーで得点王になるなど復活を遂げたデンマーク代表FWニクラス・ベントナー。

直前の怪我でワールドカップ出場を逃したが、今季もローゼンボリでプレーしている。その彼について気になるニュースが入ってきた。

『BT』によれば、日曜日の夜にコペンハーゲンでタクシー運転手に暴力を振るった疑いがあるという。

タクシー会社の関係者は「今夜わが社のドライバーのひとりが深刻な暴行を受けた。彼は顎を骨折し手術を受けている。この暴行については警察に通報した。加害者はニクラス・ベントナーだと確認できている」と認めたとのこと。

警察は被疑者の名前を明らかにしておらず、ベントナー側はこの件についてコメントしていないというが…。