ジャマイカサッカー連盟(JFF)とテクニカルスポンサーのUmbroは7日、ジャマイカ代表ユニフォームの2018年モデルを発表した。

このキットがJFFとUmbroとのパートナーシップ第1弾となるが、その鮮烈なデザインはロシアW杯でのナイジェリア代表ユニフォームを思い出させる。

ここではホーム・アウェイ各キット詳細の他に、Umbroがリリースした多種多様なイメージビジュアルも豊富にお届けする。

2018年の各国新ユニフォーム情報はこちら!

Jamaica 2018 Umbro Home

ジャマイカ代表 2018 Umbro ユニフォーム

ホームキットはイエロー、グリーン、ブラックの伝統的なカラーコンビネーション。シャツ全体にあしらっている羽模様のようなグラフィックは、ジャマイカの海岸で見られるヤシの木をモチーフにしている。

ホームキットは、9日に行われるCONCACAFネイションズリーグのケイマン諸島代表戦でデビューの予定。

ジャマイカ代表 2018 Umbro ユニフォーム

スリーブのグラフィックは、Umbroのダブルダイヤモンドとジャマイカ国旗のコラボレーションともいえるデザイン。

ジャマイカ代表 2018 Umbro ユニフォーム

伝統的にホームキットは国旗色で構成され、イエローは“太陽と天然資源”、グリーンは“農業と将来への希望”、ブラックは“国民が克服すべき困難”の意味を持つ。