かつてイングランド代表にも招集された経験を持つGKデイヴィッド・ストックデイル。

このほど彼は英2部バーミンガムから英3部サウスエント・ユナイテッドに緊急ローンで移籍した。

短期ローンはイングランドでは珍しくない。ただ、『birminghammail』によれば、ローン期間は9月22日までだそう。

その後、延長になる可能性もあるというが、ほぼ2週間という超短期ローンだ。それには理由がある。

サウスエントは正GKマーク・オクスリーが3試合の出場停止中。さらに、控えGKも肩を怪我しており、使えるGKが18歳の若手ひとりだけになってしまったのだ。そのために緊急ローンが認められたというわけ。

32歳のストックデイルはさっそくピーターバラ・ユナイテッド戦に出場したがチームは2-3で敗戦。

それでも監督は「彼は昨日きたばかりなので厳しかったろうね」とかばっていた。ただ、彼は正GKの出場停止が明けるまでの役目のようだが…。