『Mirror』は14日、「ケヴィン=プリンス・ボアテングの妻メリッサ・サッタは、クリスティアーノ・ロナウドのことを知らないと話した」と報じた。

メリッサ・サッタは1986年生まれの32歳。アメリカ生まれのイタリア人タレントで、モデルやタレントとして活動している女性だ。

2006年からはあのクリスティアン・ヴィエリと交際していたが、2011年に彼の浮気が原因で別れていた。

その後はコービー・ブライアントと不倫をするなどいろいろと話題を集めたが、2016年にケヴィン=プリンス・ボアテングと結婚している。

以前ボアテングが怪我をして離脱した際、その原因が「週に10回の性行為」だったということでも大きな話題となった。

ボアテングは現在サッスオーロに所属しており、今週末にはユヴェントスと対戦する。クリスティアーノ・ロナウドについてどう思うか?そう聞かれた彼女はこう答えたという。

メリッサ・サッタ

「クリスティアーノって誰?私にはボアテングしか見えていないわ」

ただ、夫のボアテングが「ロナウドは世界最高の選手だ」と常に言っていることも告白したとのことだ。