『Libero』は8日、「レアル・マドリーのスペイン代表DFダニエル・カルバハルは、プレミアリーグでプレーしたいと話した」と報じた。

レアル・マドリーの下部組織で育成され、レヴァークーゼンへの移籍で成長を見せたカルバハル。1年で買い戻されたあとは右サイドバックとしてレギュラーを掴み、重要な存在であり続けている。

ユースから所属してきたクラブで活躍している彼であるが、夢見ているのはなんとイングランドでプレーすることだという。

ダニエル・カルバハル

(キャリアの目標は?)

「プレミアリーグでプレーしたい。これは僕が望む経験だ。その棘が刺さったまま終わりたくはないね」

(クリスティアーノ・ロナウドがいなくなったことの影響は?)

「よりチームとしてプレーするようになったよ」