プレミアリーグ第12節サウサンプトン対ワトフォード戦は1-1の引き分けという結果に終わった。

ただ、吉田麻也もフル出場した一戦では、サイモン・フーパー主審のジャッジが物議を醸している。ワトフォード側にPKが与えられなかったシーンと、サウサンプトンの2点目が取り消されたシーンだ。

後者はセインツが1点をリードした後半20分すぎ、チャーリー・オースティンがゴールを決めた場面。だが、オフサイドの位置にいた吉田がプレーに関与したとして、得点は取り消し。吉田はボールには全く触れていなかったのだが…。

『Sky Sports』によれば、元イングランド代表DFで現在は解説者のフィル・トンプソン氏はこう述べていたという。

フィル・トンプソン(解説者/元イングランド代表DF)

「(得点取り消しは)びっくりだったね。正しくないよ。

誰もが喜んでいたし、不利にされたと思っていたワトフォードの選手たちはひとりもいなかった。

吉田は絶対にボール(シュート)の近くには行かないようにしていた。

ボールは彼から1ヤード(0.9メートル)は離れていただろう。

いずれにしろ、彼はただボールがすり抜けてネットに入るのを見ていただけだ。あれはゴールだ。

サイモン・フーパーは完全に間違ってしまった。もしくは、より遠くにいた副審からの情報を聞き入れてしまった。

角度的に主審は(吉田が)GKの目線を妨害していると思ったかもしれない。

彼(吉田)はそうしていない。GKベン・フォスターの(前ではなく?)側面にいたので、目線を妨害してはいない。

もし情報が与えられているのなら、彼は(判定を)覆すべきだ。

吉田がボールに関与しようとしたり、妨害しようとしたりしていないことを見ることができるからだ。

あれは完全なゴールだ。彼(審判)が間違ってはならない簡単なジャッジだ」

確かに、あの場面で抗議するワトフォード選手はいなかった。

9月以降リーグ戦では勝ちがないサウサンプトン。代表ウィーク明けには敵地でフラムとの対戦が控えている。