本日は12月12日!

サッカー界の「12」といえば、Jリーグではサポーターの番号として定着しており、昨今はクラブ側の配慮で空き番号とすることも多くなった。

一方、お国が変われば事情も変わる。プレミアリーグでは「12番」をつけてプレーする主力選手も珍しくない。

そこで今回は、プレミア恒例の過密日程となるこの「12月」に期待したい「12番」の選手たちを紹介しよう。

※データは第15節終了時点(12月6日現在)

クリス・スモーリング(マンチェスター・ユナイテッド)

クリス・スモーリング

フラムからユナイテッドに加入して9シーズン目を迎え、今や主将のアントニオ・バレンシアに次ぐ古参となったスモーリング。背番号はユナイテッド加入時から12をつけており、現在プレミアリーグで最も長く背番号12をつけてプレーしている選手でもある。

ここ数年は出番が減少傾向にあったが、今季はリーグ戦12試合、CLでは全5試合に出場と復調気味だ。

現在8位のユナイテッドはここまでの15試合で25失点。得失点差がマイナスというビッグクラブらしからぬ不安定な状況だ。CBのポジションではエリック・バイリーが故障がちという事情も抱えており、ディフェンスリーダーでもある彼の奮起が今こそ必要と言える。