ついに冬の移籍マーケットがオープンする。

ここでは、『sportskeeda』による「1月移籍のトップターゲット5選」を見てみよう。

エデン・アザール(チェルシー)

エデン・アザール

今季きらめくような活躍を見せているアザール。多くの人間が彼をプレミアリーグ最高の選手として評価している。

サッリ新監督の戦術革命においても不可欠なパートを担っているが、それは長く続かないかもしれない。

この3シーズンほど彼の獲得に関心を示し続けているのが、レアル・マドリーだ。もしジダン監督の突然の退任がなければ、すでに移籍していたと考える者さえいる。

チェルシーとの契約は2020年夏までの残り18か月。ただ、クラブ史上最高額の給料を提示したものの、延長交渉は保留されている。

クリスティアーノ・ロナウドの代役を獲得しなかったレアルのフロレンティーノ・ペレス会長は、新年にも獲得に乗り出しそうだが…。