『Xinhua』は31日、「ルイス・フェリペ・スコラーリ監督は、中国超級リーグの大連一方と契約する可能性がある」と報じた。

現在パウメイラスの監督を務めているルイス・フェリペ・スコラーリ、通称「フェリポン」監督。2002年の日韓ワールドカップでブラジル代表を優勝に導いたことでも知られ、中国リーグの広州恒大でも指揮をとったことがある。

既にボカ・ジュニオルスとコロンビア代表からのオファーを断ったとされているが、今回は中国のクラブとの関係が噂されているようだ。

大連一方は昨季中国超級リーグで11位となった大連一方は、現在ベルント・シュスター監督に率いられている。

しかし今冬は新たな指揮官を探していると言われており、様々な監督をリストアップして交渉を進めているようだ。

なお、フェリポン監督は先月パウメイラスとの会談をした際には「やめるつもりはない」と話していたそうだが…。