長く日本代表のゴールマウスに立ち、守護神として数多のピンチを防いできた川口能活。

日本代表歴代3位の116キャップといった数字はもちろんのこと、その25年のプロキャリアに様々な出来事があったことをサッカーファンの誰もが知る、まさにレジェンドだ。

プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド

43歳となり、2018シーズン限りで現役を退いた川口が先日、セガの人気ゲーム『サカつく ロード・トゥ・ワールド』のJリーグモードの発表イベントに登場。

イベント後、Qolyは単独インタビューをすることできたので、引退試合や“ライバル”楢崎正剛との思い出などを直撃した。

「もし戻れるなら、あの瞬間に戻りたい」という現役を退いた今だからこその貴重な話も聞くことができたぞ。お楽しみに!

いつもと違った「最後の試合」

――現役生活、本当にお疲れ様でした。長いプロキャリアを終えられて今、率直にどんな気持ちでしょうか?

シーズンが終わってオフに入り、来年もしプレーするとしても、実はこの時期は今と変わらないんですよね。だから正直実感としてはまだそこまでありません。1月の中旬ぐらいからチームが始動してキャンプとか始まって、初めてもう選手じゃないんだなというのを感じるのかなと。今はまだ普通のオフと一緒ですね。

ただ、今までであればオフの中にも緊張感を常に持ち続けていたんですけど、そういうことはないです。体を動かすには動かすかもしれないですけど、動かすことを楽しむために動くという意味ではプレッシャーを感じることがないので、そういった意味で精神的には楽になっています。