この冬にマルセイユに移籍したマリオ・バロテッリは加入後7試合で5ゴールを叩き出す活躍を見せている。先日のリーグアン第28節では古巣ニース相手に決勝点を決めた。

 

そのマルセイユといえば、かつてディディエ・ドログバがブレイクしたクラブでもある。

リーグアン公式HPによれば、ドログバはバロテッリにマルセイユへの移籍を勧めたようだ。

ディディエ・ドログバ

「(バロテッリとマルセイユとの契約を聞いた際、どんなリアクションだった?)

とても嬉しかったよ。

特に、しばらくの間、そのことについて話していたからね。とても嬉しかった。

僕らは話し合って、彼にこう伝えたんだ。

『やってみろ、このチャンスを掴み取れ。君にとっていいクラブになる』。

そして、彼は再びゴールを決め始めている。彼のことが嬉しいよ」

PSGとのダービーが控えているマルセイユ。

【関連記事】『GQ』が格付け!「18-19、フランスで最も美しいユニフォームTOP10」

ドログバは「マルセイユでは単なる試合以上だよ(笑)」とその重要性を語っていたそうだ。