インターナショナルブレイクが終わり、再開された各国トップリーグ。リーグアン第30節ではトゥールーズが王者PSGを迎え撃った。

怪我人が続出しているパリはベンチ入りメンバーが5人だけの状態。それでも、エースFWキリアン・エムバペのゴールで0-1と勝利を収めた。

そうしたなか、PSGのDFマルキーニョスは『Canal+』のインタビューでこう述べていたそう。

PSGマルキーニョス
マルキーニョス(PSG DF)

「トゥールーズは本当に戦士のチームだ。最後まで戦うチームだよ。

ここではいつも難しいことになる。なので、忍耐強くプレーしなければいけなかった。

ピッチがあまり濡れていなかったので厄介だったね。

僕らはキリアン(・エムバペ)のスピードをエンジョイさせようとした。

DFの裏に走らせ、相手を困らせようとしたんだ。

代表戦の後はいつも難しい。オートマティズムを取り戻すには時間がかかる」

実際にカウンターの場面で、昌子がエムバペとの1vs1で転んでしまい、あわや失点というシーンもあった。

【関連記事】冨安に負けない!日本期待の怪物センターバック5名

なお、現地では主力を欠いたこの日のPSGはPSGではなかったとも伝えられている。