『The SUN』は1日、「レアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールは、人気インフルエンサーとデートしていた可能性がある」と報じた。

今季レアル・マドリーで大ブレイクした18歳のアタッカー、ヴィニシウス・ジュニオール。いきなりスペインでスター選手となった。

これまではあまり女性関係の噂はなかったものの、今回ようやく報道があった。相手はInstagramで46万フォロワーを持っているインフルエンサー、モデルのマリア・ジュリア・マザリだそう。

なぜその噂が出ているかといえば、全く同じホテルのバスルームでのセルフィー(自画撮り)が投稿されたからだそうだ。

ヴィニシウスとマリア・ジュリア・マザリが投稿した当該の写真は、浴槽のそばに2つの青いタオルが同じようにかかっており、白いバスタブの位置とも合っていた。

すでにその写真は消されているようだが、マリア・ジュリア・マザリはこんな女性である。

ヴィニシウス・ジュニオールとはお互いにInstagramをフォローしあっていたそうで、それも噂を加速させているようだ。