バルセロナFWリオネル・メッシはついにフリーキッカーとしても世界一になりつつあるようだ。

リーガ第30節ビジャレアル戦で2試合連続となる一撃を突き刺してみせた(動画5分20秒~)。

 

そのメッシ擁するバルサにはあの天才も惚れ込んでいる。レンヌの元フランス代表MFアテム・ベナルファは、『France 3』でこう述べたという。

アテム・ベナルファ

「(去就について言葉を濁しつつ)楽しさが自分を導くかもね。

プレースタイルと楽しさ、フットボール、タッチ…彼らには楽しさがある。それこそフットボールだよ。

今はあまりにも守備的で戦術だらけだ。でも、それ(楽しさ?)がベースさ。ワンツーとか子供の頃にやったようなね」

「幸運にも、バルセロナが僕らにそれを思い起こさせてくれる。

ワールドカップを見たら、フットボールがどこかで死んだことに気付いただろうからね。

(W杯は)僕らに夢を見させてくれなかった!

クロアチア以外はつまらなかった。プレーの喜びは消えたよ」

5月で33歳になるベナルファは今季でレンヌとの契約が満了予定。

【関連記事】ベナルファと一夜を過ごした?「世界一の美女」とは

クラブと選手の両者に1年間の延長オプションがあるが、バルサ行きの噂も…。