久保建英と同世代の逸材として知られるU-20代表FW斉藤光毅(こうき)。

横浜FCでJリーグ2年目を迎えている17歳が、4月3日に行われた明治安田生命J2リーグにおいて、待望のJ初ゴールを記録した。

アウェイに乗り込んでの愛媛FC戦、斉藤は65分から途中出場すると、1-1で迎えた84分…。

レアンドロ・ドミンゲスからのパスを受けると、相手選手をブロックしながら上手くターン。直後に右足を振り抜きニアサイドをぶち抜いた!

このゴールが決勝点となり、横浜FCはアウェイで貴重な勝点3を獲得。今季3勝目をあげている。

これが記念すべきJリーグ初ゴールとなった斉藤。試合後のツイートには、「プロ初ゴール決めることが出来ました。やっとスタートラインです。量産します」と力強い言葉が綴られていた。

【関連記事】久保建英に匹敵!U-20W杯、日本と戦う末恐ろしい神童たち

斉藤は久保と同じく“飛び級”でU-20日本代表に招集されており、3月の欧州遠征にも参加。今年5月にポーランドで開催されるU-20ワールドカップを見据える意味でも、この17歳からは目が離せない。