佳境を迎えている欧州主要リーグ。

リーガでは第35節でレバンテを1-0で下したバルセロナの優勝が決まった。これで2シーズン連続26回目のリーグ制覇に。

そして、プレミアリーグでは吉田麻也が所属するサウサンプトンの残留が決定。

第36節ボーンマス戦に3-3で引き分けたものの、残り2試合で18位カーディフとの勝点差が7ポイントになったことで降格の可能性が消滅した。

【関連記事】 「バルセロナ、コウチーニョを売却すべき3つの理由」

ただ、吉田は体調不良のために欠場している。