6月1日に行われるトッテナム対リヴァプールのUEFAチャンピオンズリーグ。

今季大躍進したアヤックスだったが、トッテナムとの準決勝でショッキングな敗退を喫した。

ただ、レアル・マドリーやユヴェントスを撃破した彼ららしいサッカーで世界を魅了したのは事実だ。

 

そのアヤックスの攻撃陣の主軸のひとりだったのが、セルビア代表MFドゥシャン・タディッチ。

『voetbalzone』によれば、あの敗戦後はほぼ一晩中泣いていたという。

ドゥシャン・タディッチ(アヤックスMF)

「がっかりした時には泣くのが好きなんだ。

感情に身をゆだねるのさ。そうやって、体から全てを取り除く。

帰宅して、悲しげなセルビア音楽をかけ、ソファに座った。そして、ベッドに向かったよ。

あの夜、泣いていなかったのは1時間くらいだけだったと思う。

翌朝に子供たちの顔を見たのことも助けになったね」

タディッチはサウサンプトンで吉田麻也ともプレーしたことがある選手。

【関連記事】 吉田麻也、ゴール直後にタディッチと熱きハグ!一体なぜ?

プレミアリーグにはないウィンターブレイクがコンディション面で助けになったとも明かしていた。