プレミアリーグ連覇を成し遂げたマンチェスター・シティ。長年チームに貢献してきた元スペイン代表MFダビド・シルバが来季限りでの退団を明言した。

2010年にシティに加入したシルバは今年で33歳になった。『Daily Mail』のインタビューでこう断言したという。

ダビド・シルバ

「これが最後だ。自分にとって10年は十分なものだ。パーフェクトなタイミングさ。

当初クラブは2年(契約)を話してくれたけれど、自分は1年で契約すると決めた。だから、10年で終わった。

サイクルの完了さ。切のいい数字だ。

自分が別のチームでシティ相手にプレーすることは想像できない。だから、10年で終わりだ!」

【関連記事】「いま世界で最も愛されている5人のサッカー選手たち」

2020年6月までの契約を全うして、在籍10年でチームを去ることを決めたとのこと。