『Mirror』は30日、「マンチェスター・シティは30日、月曜日にスペイン代表MFロドリとの契約を交わす」と報じた。

昨季プレミアリーグ2連覇を達成したシティであるが、アンカーのフェルナンジーニョはすでに34歳となっており、守備的なMFの補強を進めていると言われる。

そのターゲットとして有力だと言われてきたのは、昨季開幕前にビジャレアルからアトレティコ・マドリーに移籍したロドリ。

彼はすでにクラブの役員に「シティへ移籍したい」と宣言しており、シティ側はすでに契約解除条項の6300万ポンド(およそ91.7億円)を支払う意思を見せているとのこと。

そして、ロドリとマンチェスター・シティの契約は月曜日に結ばれる可能性が高いとのこと。数ヶ月間に渡って議論が行なわれてきたため、基本的な枠組みでは合意が形成されている。

アトレティコ・マドリーに加入した際の移籍金は2200万ポンド(およそ32億円)あったことから、僅か1年で価値が3倍に膨れ上がったことになる。

【関連記事】マンチェスター・C、この夏に獲得しうる10人の選手

なお、アトレティコ・マドリーはすでにレアル・マドリーからマルコス・ジョレンテを獲得していることもあり、ロドリの放出もやむなしと考えているそう。