フランス・リーグアンのパリ・サンジェルマンは4日、「スペイン代表MFアンデル・エレーラを獲得した」と公式発表した。

アンデル・エレーラは1989年生まれの29歳。2014年にアスレティック・ビルバオからマンチェスター・ユナイテッドに加入し、それから5シーズンに渡って活躍を見せてきた。

しかし昨季クラブとの契約延長交渉が不調に終わり、今夏退団を発表。フランスの王者パリ・サンジェルマンに加入することが決まった。

映像はスポンサー契約を結ぶ世界的サッカーゲーム「FIFA20」を使用してのものになったぞ。

ただでさえ中盤の選手層が薄い上、アドリアン・ラビオをフリーで放出していたパリ・サンジェルマン。

【関連記事】 この夏、すでに「0円移籍で流出」した最高の選手たち

しかし世界屈指の実力者であるアンデル・エレーラを獲得することに成功し、チームの能力を底上げできたと言えよう。しかも移籍金も支払うことなくだ。