アルゼンチンとチリの対戦となったコパ・アメリカの3位決定戦。

両チームともにガチメンバーで挑んだ一戦はまさかの展開が待っていた。チリのエースFWアレクシス・サンチェスが前半17分で負傷交代。

さらに、前半37分にはリオネル・メッシとガリー・メデルが一発レッドカードで2人とも退場にされてしまったのだ。そのシーンを映像で見てみる(動画2分37秒~)。

 

ゴールライン際で2人は肩をぶつけ合うなど衝突。主審がレッドを提示した後、両チームの選手たちはかなり揉めることになったが、結局VARで見直されることはなかった。

【関連記事】メッシ、コパ・アメリカでぶっ潰された「裏街道」 がこれ

試合は2-1でアルゼンチンが勝利したが、メッシはメダル授与の場に姿を見せなかったという。