アルゼンチンとチリの対戦となったコパ・アメリカの3位決定戦。両チームともにガチメンバーで挑んだ一戦はまさかの展開が待っていた。

チリのエースFWアレクシス・サンチェスが前半17分で負傷交代。さらに、前半37分にはリオネル・メッシとガリー・メデルが一発レッドカードで2人とも退場にされてしまったのだ。

ゴールライン際で2人は肩をぶつけ合うなど衝突。主審がレッドを提示した後、かなり揉めることになったが、結局VARで見直すことはなかった。

アルゼンチン代表の公式Twitterや『AS』によれば、メッシは退場についてこう述べていたという。

リオネル・メッシ

「いつもメデルはとことんやってくる。

両者にイエローカードでよかったはずだが、僕は自分が言ったことの代償を払うことになったのかもしれない。

この退場は僕が言ったことへの代償だったのかも」

自分の発言が退場にされた理由かもしれないと語ったメッシ。

【関連記事】メッシ、ブラジルをめためたにした「異次元のボールキープ」がこれ

これは主審に対する暴言ではなく、VARを含めた今大会のジャッジに対するこれまでの発言ということのようだが…。