メッシ、スアレス、デンベレを欠くバルセロナ。開幕戦で手痛い黒星を喫するなか、第2節でベティスと対戦した。

カンプ・ノウでまさかの先制を許すも、アントワーヌ・グリーズマンの2ゴールで逆転!最終的には、5-2で勝利して初白星を手にしている。

グリーズマンが決めた移籍後初ゴールを見てみよう。1点目は以下動画1分45秒~、逆転弾は2分50秒~。

1点目はセルジ・ロベルトのパスに飛び込むスライディングボレー!2点目はファーに巻いたスーパーな一撃!

『Fútbol en Movistar+』によれば、2点目のシュートについては、「メッシがやるのを練習で見ていた。彼を真似しようとした」と明かしていたそう。また、セレブレーションについても、NBAのスター選手レブロン・ジェームズを真似たと述べている。

ちなみに、21歳のカルレス・ペレスが決めた3点目(3分35秒~)もすごかったぞ!そして、グリーズマンの2得点を演出したMFセルジ・ロベルトのプレーも秀逸だった。